NISAでは運用益が出なかった場合にデメリットになることがあります

NISA,運用益,運用損,メリット,デメリット

NISAは利益や配当金に対して税金がかからない非課税の投資です。

 

通常の投資同様元本が保証されているわけではありませんので、取引によっては運用益が出ずに損失が残ってしまうということももちろんあります。

 

投資で損失が出た場合、NISAを使わない通常の投資では税金がかかることはありません。その点はNISAも同様です。

 

しかし、5年間という非課税期間が決まっているNISAにおいては、運用益が出なかった時には後からいくつかのデメリットが出てくる可能性があるため注意しなければいけません。


NISAで運用益が出なかった場合、時価で一般口座に移管されてしまいます

NISA,運用益,運用損,メリット,デメリット

非課税期間の5年が過ぎると、NISA口座は自動的に解約となって一般の証券口座へ資産を移管することになります。

 

見た目の投資額はそのまま移管できるのでパッと目には何も変わっていないように見えます。

 

しかし、移管の際に使われる価格は、その時の時価となり自分が実際にNISA口座で購入した価格ではなくなってしまいます。

 

つまり、100万円で購入した銘柄が値下がりして50万円になってしまった場合、非課税口座から一般口座へ移管されるときには50万円で買い直したということになるわけです。

 

こうした手続きはすべて証券会社が行ってくれるので、NISAの制度をよく知らないと何が起こっているかきっと分からないでしょう。

 

 

100万円で購入したものが、50万円で購入したことになってしまう。ここがポイントです。


NISAでは運用益が出なかった場合でも税金がかかる場合があります

NISA,運用益,運用損,メリット,デメリット

NISAの非課税期間が終わった後、価格が大きく上昇して運用益が出ればそれでOKとなるかもしれませんが、実は、そうではないのです。

 

実際に自分が購入した価格よりもかなり損をしたけれど、少しだけ値が上がったから損切として売却した場合には注意が必要です。

 

 

今回で言うと、NISA口座に100万円で購入して、50万円まで値下がりした時点で一般口座に移管、その後60万円まで値上がりした場合です。

 

移管の際に買い直した価格よりも売却時の価格が上がっていれば、それは「利益」とみなされそこに税金がかかってくるのです。

 

実際に自分が購入した時の価格よりも大幅に損失が出ていたとしても、です。

 

 

今回の例で言うと、100万円で買った資産を60万円で売却したので、本来であれば40万円の損。税金はかかりません。

 

しかし、一般口座へは50万円で移管されているので、60万円で売却した結果10万円の利益とみなされるのです。

 

しかも、この10万円の利益には税金がかかります。

 

私は、この点が、NISA最大のデメリットだと思っています。

 

 

このトラブルを解消する方法にはいくつかありますが、非課税の口座から通常の課税対象口座へ移管されてしまうとその時点から価格はカウントされ直しとなってしまうので、移管前に売却してポジションを手放してしまう選択をする投資家はたくさんいます。

 

損失が出ないように銘柄選びを工夫することは大切ですが、万が一の場合には損失が大きくならない段階で損切り売却するという方法も良いかもしれません。


関連ページ

NISAとは何?NISAを使うことにどんな意味があるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを使うとどんないいことがあるのでしょうか?
NISA口座はどこで開設すべき?開設のポイントは?
NISAで積立投資を始める際にはNISA用の口座を開設しなければなりません。今はいろんな金融機関で口座を開設できますが、どこで開設するべきでしょうか?ポイントはどんなところでしょうか?
NISA口座は一度開設した後、あとから変更できるのか?
NISAで積立投資を始めるためには、ネット証券会社に口座を開設しなければなりません。一度開設したNISA口座は、後から変更できるんでしょうか?
NISAはいくらから始められる?下限はあるの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、いくらから初めてOKなんでしょうか?500円からでもいいの?
NISAの非課税期間はいつまで?5年後までなの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。しかし、恒久的な制度ではなく、非課税になる期間が決められています。いつまでが非課税期間になるのでしょうか?
NISAでアメリカ株を売買するときの注意点は?
NISAでは日本国内のインデックスファンドやETFに加えて、外国の株式やETFも対象に含めることが出来ます。アメリカ株を売買する時を例に注意点を考えてみます。
NISAがデイトレに向いていない理由は?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、デイトレには向いていません。その理由を考えてみます。
これからNISA口座を開設する際に必要な条件はあるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを始めるにあたってはNISA口座を開設しなければなりませんが、必要な条件はあるのでしょうか?
NISA口座で大損が発生したらどうなるのか?心配ですね?
NISAは投資で得た利益が非課税になる制度ですが、投資は必ずしも儲かるというわけではありません。損をする事だってありますが、NISAで大損してしまった場合はどうなるのでしょうか?
NISA口座を開設する際の必要書類は?住民票も必要!
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、使用するにはNISA口座を開設しなければなりません。口座を開設する際に必要になる書類は何なのでしょうか?
NISA口座は複数の証券会社で開設できるのか?
NISAを始めるためには証券会社でNISA用の口座を開設しなければなりませんが、複数の証券会社で口座を開設することはできるのでしょうか?
NISA制度について分かりやすく1000文字で説明してみる
投資で得た利益に税金がかからないNISAですが、結構制度が複雑でわかりにくいです。なるべく分かりやすく、簡潔に説明してみます。目標1000文字!
NISA口座に有効期限ってあるの?有効期限が切れたらどうなる?
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、その制度に有効期限はあるのでしょうか?その有効期限が過ぎたらどうなるのでしょうか?