NISA口座開設に必要な書類の一つに住民票がありますNISA

NISA,少額投資非課税制度,口座開設,必要書類,住民票

取引益や配当金、分配金などの利益が非課税となるNISAは、銀行口座のようにあちこちに複数の口座を持つことはできません。

 

1人につき一つと決められていて、すでに口座を持っている人はそれを解約しない限りは別の金融機関で口座開設することができないシステムとなっています。

 

そのため、口座開設の申請をしても直ぐに開設することはできず、税務署の審査を受けて「他にNISA口座を持っていません」というお墨付きをもらわなければいけません。

 

そのための必要書類の一つが住民票なのです。


NISA口座開設時には2013年1月1日時点の住所を証明しなければなりません

NISA,少額投資非課税制度,口座開設,必要書類,住民票

NISA口座を開設する際には、銀行や証券会社などの金融機関に開設の申し込みをする時に住民票を合わせて提出することになります。

 

住民票は市役所等に足を運んで取得しなければいけませんので、この投資をしたい人は事前に必要書類を準備することも考えて、期間には余裕を持って準備し始めることがおすすめです。

 

 

住民票は、現在住んでいる住所を確認するための書類として必要になり、基本的には基準日における住所を証明しなければいけません。

 

現時点で基準日というのは、2013年1月1日を指しています。

 

2013年1月1日時点の住所が確認できる書類の提出が義務付けられています。

 

 

しかし、人によっては基準日の後に引越しをしていて、基準日の住所と現住所が異なるという人もいます。

 

もしも同一市内で引越しをした場合には転居履歴が記載されているので問題ありませんが、別の市や県に引っ越した場合には、基準日にどこに住んでいたのかが分かる運転免許所などの書類も合わせて必要になります。


証券会社ではNISA口座に必要な住民票の取得を代行してくれるところもあります

NISA,少額投資非課税制度,口座開設,必要書類,住民票

しかし、NISA口座を開設するために住民票を取得するというのは、役所が開いている時間に仕事をしているサラリーマンにとっては結構めんどうな作業ですよね?

 

 

そこで、証券会社では住民票まで自動的に取得してくれるサービスというのも行っています。

 

住民票を取得するためにはいくらかお金が必要になってしまいますが、その代金も証券会社負担と言うことなので、これは利用しない手はないですね。

 

例えば、ネット証券会社大手のSBI証券では、「住民票取得代行サービス」と言う名称で住民票の取得を代行してくれます。

 

 

ということで、実際に記入したりしなければならない書類は、証券会社から送られてくる申込用紙となることがほとんどですので、気楽にNISA口座を申し込んでみましょう!


関連ページ

NISAとは何?NISAを使うことにどんな意味があるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを使うとどんないいことがあるのでしょうか?
NISA口座はどこで開設すべき?開設のポイントは?
NISAで積立投資を始める際にはNISA用の口座を開設しなければなりません。今はいろんな金融機関で口座を開設できますが、どこで開設するべきでしょうか?ポイントはどんなところでしょうか?
NISA口座は一度開設した後、あとから変更できるのか?
NISAで積立投資を始めるためには、ネット証券会社に口座を開設しなければなりません。一度開設したNISA口座は、後から変更できるんでしょうか?
NISAはいくらから始められる?下限はあるの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、いくらから初めてOKなんでしょうか?500円からでもいいの?
NISAの非課税期間はいつまで?5年後までなの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。しかし、恒久的な制度ではなく、非課税になる期間が決められています。いつまでが非課税期間になるのでしょうか?
NISAでアメリカ株を売買するときの注意点は?
NISAでは日本国内のインデックスファンドやETFに加えて、外国の株式やETFも対象に含めることが出来ます。アメリカ株を売買する時を例に注意点を考えてみます。
NISAがデイトレに向いていない理由は?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、デイトレには向いていません。その理由を考えてみます。
NISAで運用益が出なかったときのデメリットは?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、運用益が出なかった場合にはデメリットにもなり得ます。
これからNISA口座を開設する際に必要な条件はあるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを始めるにあたってはNISA口座を開設しなければなりませんが、必要な条件はあるのでしょうか?
NISA口座で大損が発生したらどうなるのか?心配ですね?
NISAは投資で得た利益が非課税になる制度ですが、投資は必ずしも儲かるというわけではありません。損をする事だってありますが、NISAで大損してしまった場合はどうなるのでしょうか?
NISA口座は複数の証券会社で開設できるのか?
NISAを始めるためには証券会社でNISA用の口座を開設しなければなりませんが、複数の証券会社で口座を開設することはできるのでしょうか?
NISA制度について分かりやすく1000文字で説明してみる
投資で得た利益に税金がかからないNISAですが、結構制度が複雑でわかりにくいです。なるべく分かりやすく、簡潔に説明してみます。目標1000文字!
NISA口座に有効期限ってあるの?有効期限が切れたらどうなる?
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、その制度に有効期限はあるのでしょうか?その有効期限が過ぎたらどうなるのでしょうか?