NISAの非課税期間は基本的に5年間。その後はどこかに移管が必要です

NISA,少額投資非課税制度,非課税期間,5年,10年

NISAは取引によって出た利益が非課税扱いとなる少額投資非課税制度ですが、確定拠出年金(401K)のように長期間にわたってずっと非課税期間が続くというわけではありません。

 

これから投資を始めてみようかなという人にとっては、いつまでが非課税となるのか興味がある部分ではないでしょうか?

 

NISAの場合、非課税期間は5年間と定められていて、この期間を超えると利益に対して税金がかかる一般的な口座への移管か、別の非課税口座への移管(ロールオーバーと言います)という流れになります。


非課税期間の5年が過ぎた後の移管は、その時点の時価から投資が再スタートする感覚です

NISA,少額投資非課税制度,非課税期間,5年,10年

NISAはたくさんの証券会社で取り扱っている投資制度ですが、それぞれの証券会社ごとに取引可能な銘柄や取引商品は異なっています。

 

そのため、口座を開設したけれど気に入った取引銘柄がなかったから別の証券会社に口座を移したいという投資家もいるでしょう。

 

以前では一度口座を開設したら最低でも4年間は口座を乗り換えるのはできませんでしたが、現在では1年間の期間をあければ他の証券会社にNISA口座を乗り換えてもOKということになっています。

 

そのため、とりあえず口座を作って取引を始めてみて、そこからリサーチをしながらもっと良い証券会社がないか探す人も増えていると思います。

 

 

5年間は非課税で利益を運用できるNISAですが、その後は一般的な口座へと金融資産が移管されそこで取引を続けることができます。

 

所有している金融資産をいったん手放す必要はないため表面上はただ口座が変わったというだけの扱いになりますが、実は注意が必要です。

 

 

非課税口座から一般的な口座へポジションが移管する際の時価は移管時のものが使われます。

 

非課税口座を使って金融資産を購入した際に実際にいくらの費用が掛かったのかということは考慮されません。

 

つまり、NISAの非課税期間が5年を過ぎた際に損失が発生していても、一般的な口座に移管した際にはその損失がなかったことにされてまた一からのスタートと言うことになります。

 

また、手放す際に損失が出たとしても、移管の時よりも価格がアップしていればそれが「利益」とみなされて課税されることになります。

 

本来なら損失と見なされて課税されないはずなのに、課税されてしまうのはちょっと納得できない部分があります。


NISAは5年後に金融資産をどうするか考える時期があります

NISA,少額投資非課税制度,非課税期間,5年,10年

NISAを始める際には、5年間は非課税なので思い切り利益を出すことを楽しめますし、5年間ずっと保有している必要はありませんから好きな時に売却しても問題ありません。

 

しかし、5年が過ぎてからは一般的な口座へ移管するか、それとも別の非課税口座へ移管したほうが良いのかちょっと考える必要が出てきます。

 

別の非課税口座に移管(ロールオーバーと言います)すると、合計10年間、非課税の恩恵を受けることが出来ますが、さらに5年後には同じ問題を考えなければなりません。

 

この面倒な点がNISA最大の欠点だと思っていますので、後数年の内に制度が使いやすく変わってくれないかなと思っています。


関連ページ

NISAとは何?NISAを使うことにどんな意味があるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを使うとどんないいことがあるのでしょうか?
NISA口座はどこで開設すべき?開設のポイントは?
NISAで積立投資を始める際にはNISA用の口座を開設しなければなりません。今はいろんな金融機関で口座を開設できますが、どこで開設するべきでしょうか?ポイントはどんなところでしょうか?
NISA口座は一度開設した後、あとから変更できるのか?
NISAで積立投資を始めるためには、ネット証券会社に口座を開設しなければなりません。一度開設したNISA口座は、後から変更できるんでしょうか?
NISAはいくらから始められる?下限はあるの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、いくらから初めてOKなんでしょうか?500円からでもいいの?
NISAでアメリカ株を売買するときの注意点は?
NISAでは日本国内のインデックスファンドやETFに加えて、外国の株式やETFも対象に含めることが出来ます。アメリカ株を売買する時を例に注意点を考えてみます。
NISAがデイトレに向いていない理由は?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、デイトレには向いていません。その理由を考えてみます。
NISAで運用益が出なかったときのデメリットは?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、運用益が出なかった場合にはデメリットにもなり得ます。
これからNISA口座を開設する際に必要な条件はあるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを始めるにあたってはNISA口座を開設しなければなりませんが、必要な条件はあるのでしょうか?
NISA口座で大損が発生したらどうなるのか?心配ですね?
NISAは投資で得た利益が非課税になる制度ですが、投資は必ずしも儲かるというわけではありません。損をする事だってありますが、NISAで大損してしまった場合はどうなるのでしょうか?
NISA口座を開設する際の必要書類は?住民票も必要!
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、使用するにはNISA口座を開設しなければなりません。口座を開設する際に必要になる書類は何なのでしょうか?
NISA口座は複数の証券会社で開設できるのか?
NISAを始めるためには証券会社でNISA用の口座を開設しなければなりませんが、複数の証券会社で口座を開設することはできるのでしょうか?
NISA制度について分かりやすく1000文字で説明してみる
投資で得た利益に税金がかからないNISAですが、結構制度が複雑でわかりにくいです。なるべく分かりやすく、簡潔に説明してみます。目標1000文字!
NISA口座に有効期限ってあるの?有効期限が切れたらどうなる?
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、その制度に有効期限はあるのでしょうか?その有効期限が過ぎたらどうなるのでしょうか?