NISA口座開設には20歳の年齢制限があります

NISA,口座開設,条件,必要

投資で得た利益や配当金に対しての税金が非課税になるNISAは、銀行や証券会社などの金融機関で口座を開設することができます。

 

ただし、開設に際してはいくつかの条件があり、誰でも開設したければ開設できるというわけではありません。

 

 

まず年齢制限があり、口座を開設する年の1月1日で20歳になっていることが条件となっています。

 

開設時に20歳でも、その年の1月1日に19歳の場合には、残念ながら翌年まで待たなければいけません。

 

 

ただし、この点についてはジュニアNISAというものが登場しました。

 

こちらに関しては、20未満の方でも加入することが出来ます。

 

20歳未満の方にNISA口座を開く際には、保護者がジュニアNISAを利用するといいでしょう。


NISA口座を開設するためには住民票の提出が必要

NISA,口座開設,条件,必要

また、NISAは日本国内に住んでいる人を対象としているため、海外在住の人は日本人でも対象外となります。

 

 

NISA口座を開設する際には、住民票を提出しなければなりません。

 

日本人でなければいけないという条件は付いていないので、日本国内に住んでいて住民票を提出出来るなら外国人でも問題ありません。

 

ただし、取引を行う際には日本語の読み書きができることは必要になりますから、条件として決められているわけではありませんが、日本語の読み書きには精通していたほうが良いでしょう。

 

このブログを見ることができていれば問題ないですね。

 

 

住民票に関してですが、住民票を取得するためにはお金もかかりますし、自分が役所等へ出向かなければなりません。

 

すごく面倒ですよね?

 

そこで、住民票を証券会社側で取得してくれるサービスを行っている証券会社もあります。

 

例えば、SBI証券では「住民票取得代行サービス」と言う名でサービスを行ってくれていますが、期間限定のサービスだということですので、早めに申し込んでおいた方がいいかもしれませんね。


NISA口座を開設するには時間がかかるので必要なら早めの申し込みを!

NISA,口座開設,条件,必要

NISA口座を開設する場合には、まず証券口座を先に開設することになります。

 

証券口座はNISA口座とリンクすることになり、5年間の非課税対象期間がすぎた後には口座内の資産は全て証券口座に移管されることになります。

 

金融機関によっては証券口座と呼ばれていないこともあり、銀行の場合には特定口座と呼ばれることも多いですし、証券会社では一般口座と呼んでいることも多いようです。

 

 

銀行口座を開設する場合には、銀行の店舗やネットを使えば早ければその日のうちに口座を開設できます。

 

しかし、NISA口座の場合には、WEBで申し込んでも1週間ぐらいの期間がかかります。

 

証券口座と非課税口座を同時に申し込む場合にはもっと時間が掛かることになり、場合によっては1ヶ月程度かかってしまうこともあるようです。

 

なぜ時間が掛かるのかという理由ですが、この非課税口座は1年間に120万円の購入枠と制限されているだけでなくいくつもあちこちに開設することができないという制限もついていて、口座開設に当たっては税務署がその調査を行うためです。

 

申し込む側ががんばってもどうにもならない点ですので、なるべくNISA口座を開設したい方は、なるべく早く申し込むと言う方法しかないです。


関連ページ

NISAとは何?NISAを使うことにどんな意味があるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを使うとどんないいことがあるのでしょうか?
NISA口座はどこで開設すべき?開設のポイントは?
NISAで積立投資を始める際にはNISA用の口座を開設しなければなりません。今はいろんな金融機関で口座を開設できますが、どこで開設するべきでしょうか?ポイントはどんなところでしょうか?
NISA口座は一度開設した後、あとから変更できるのか?
NISAで積立投資を始めるためには、ネット証券会社に口座を開設しなければなりません。一度開設したNISA口座は、後から変更できるんでしょうか?
NISAはいくらから始められる?下限はあるの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、いくらから初めてOKなんでしょうか?500円からでもいいの?
NISAの非課税期間はいつまで?5年後までなの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。しかし、恒久的な制度ではなく、非課税になる期間が決められています。いつまでが非課税期間になるのでしょうか?
NISAでアメリカ株を売買するときの注意点は?
NISAでは日本国内のインデックスファンドやETFに加えて、外国の株式やETFも対象に含めることが出来ます。アメリカ株を売買する時を例に注意点を考えてみます。
NISAがデイトレに向いていない理由は?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、デイトレには向いていません。その理由を考えてみます。
NISAで運用益が出なかったときのデメリットは?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、運用益が出なかった場合にはデメリットにもなり得ます。
NISA口座で大損が発生したらどうなるのか?心配ですね?
NISAは投資で得た利益が非課税になる制度ですが、投資は必ずしも儲かるというわけではありません。損をする事だってありますが、NISAで大損してしまった場合はどうなるのでしょうか?
NISA口座を開設する際の必要書類は?住民票も必要!
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、使用するにはNISA口座を開設しなければなりません。口座を開設する際に必要になる書類は何なのでしょうか?
NISA口座は複数の証券会社で開設できるのか?
NISAを始めるためには証券会社でNISA用の口座を開設しなければなりませんが、複数の証券会社で口座を開設することはできるのでしょうか?
NISA制度について分かりやすく1000文字で説明してみる
投資で得た利益に税金がかからないNISAですが、結構制度が複雑でわかりにくいです。なるべく分かりやすく、簡潔に説明してみます。目標1000文字!
NISA口座に有効期限ってあるの?有効期限が切れたらどうなる?
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、その制度に有効期限はあるのでしょうか?その有効期限が過ぎたらどうなるのでしょうか?