NISA,積立投資,購入可能,金融商品,投資対象
2016/12/03 22:14:03 | 積立投資とNISA
投資して得た利益が非課税になるNISAですが、どんな金融商品でも対象というわけではありません。とは言え、NISAで取引できる対象商品にはいろいろなものがあります。銀行や証券会社など金融機関ごとに取り扱っている銘柄や対象商品は異なりますが、銀行よりも証券会社の方が商品数は多く、2000~3000商品の...
NISA,運用実績,良い,商品
2016/11/27 11:06:27 | 積立投資とNISA
投資をして得た利益や配当金に対して税金がかからず丸ごと受け取ることができるNISAは、たくさんの投資家から注目されている投資取引制度です。非課税になるのは年間120万円までという制限がついていますが、少額で投資をしてみたいなという人にとっては十分な金額で徐々に人気が出てきている制度です。そのNISA...
NISA,解約,ポイント,金融商品,ポイント
2016/11/23 15:28:23 | 積立投資とNISA
投資をして得た利益や配当金に税金が一切かからない非課税投資制度として人気のNISAは、口座内で通常の株式やETF、インデックスファンドなどの銘柄を利用して取引することができます。まとまった金額の利益や配当金を手にできる投資家にとっては、年間の購入額が120万円までと制限されているNISAでも大きな節...
NISA,何を買う,ポイント,配当,非課税
2016/11/23 14:49:23 | 積立投資とNISA
NISA口座で何を買うことができるかは口座を開設した銀行や証券会社など金融機関によって異なります。金融機関ごとに取り扱う銘柄は異なりますし手数料なども変わるため、どのような種類の銘柄で取引したいのかが最初に分かっている場合には、その銘柄を取り扱っている金融機関に口座を開設する必要があります。そうなる...
NISA,プチ株,ミニ株,S株,単元未満株
2016/11/14 22:18:14 | 積立投資とNISA
プチ株というのは、数千円~数万円ぐらいの資金でも通常の株式銘柄を購入できるという投資方法で、ミニ株やS株、単元未満株と呼ばれることもあります。通常の株式は、購入する株式の単位が決まっていて、100株や、1000株単位でないと買えない銘柄があります。そうなると、安いものだと数万円で買えるものもあります...
NISA,積立投資,アセットアロケーション,考え方
2016/11/05 22:30:05 | 積立投資とNISA
アセットアロケーション(資産配分)は投資をして資産を運用する際にはとても大切です。どんな種類の銘柄で取引するかということよりも、どんな種類の投資商品で資産を運用しているかによって最終的にどのぐらいの利益が出るのかパフォーマンスの成績にも大きく影響してきます。非課税投資口座であるNISAは投資金額には...
NISA,ETF,おすすめ,バイ・アンド・ホールド
2016/10/01 17:12:01 | 積立投資とNISA
NISAの制度を利用するに当たり金融商品を選ぶ事になりますが、インデックスファンドと並んでおすすめできるのはETFです。ETFは上場投資信託と言われるように、普通の株式と同様に売買が出来る投資信託です。ETFのメリットはなんと言ってもその信託報酬の安さ。信託報酬は、購入して保持している間ずっと引かれ...
NISA,5年後,非課税期間
2016/09/24 12:13:24 | 積立投資とNISA
少額投資非課税制度であるNISAは投資した利益が非課税になる、投資家にとっては数少ない有利な税制です。証券会社や銀行が取り扱っている金融商品を購入して、その金融商品が5年間という期間を上限として得た利益を非課税にすることが出来ます。少額投資が対象なので、この口座に投資できるのは年間120万円までとな...
NISA,投資可能額,500万円,600万円,いくら
2016/09/23 18:09:23 | 積立投資とNISA
NISAは少額投資非課税制度といいますが、「少額」という名前が付いているとおり、口座を開設しても非課税となる金額の上限は少額の120万円までとなっています。まぁ、120万円でも私にとっては少額ではありませんが。(笑)証券会社などで口座を開設できますが、投資できる金額は120万円を超えることができませ...
NISA,401k,個人型確定拠出年金,違い
2016/09/19 13:26:19 | 積立投資とNISA
少額投資非課税制度として株式運用による利益や配当益を非課税にすることができるNISAと、個人型確定拠出年金の401k。この二つの制度は、どちらも投資を行った事による税金が非課税になるという点では同じなのですが、違いもあります。最も大きな違いは「いつ引き出すことができるか」という点です。401kの場合...
NISA,インデックスファンド,ETF,積立投資,マイナス金利
2016/03/05 10:49:05 | 積立投資とNISA
ここ最近は、どんどん銀行の金利が下がり続けています。マイナス金利なんて言う言葉も出始めていて、もう銀行にお金を預けるだけでは全く資産が増えない状況になってしまいました。そこで、資産を増やすためにはNISAを使った積立投資が有効だと思うのです。NISAは、若いサラリーマンでも気軽に投資をして資産の運用...
NISA,積立投資,手間,かからない,らくちん
2016/02/25 00:12:25 | 積立投資とNISA
積立投資は2014年にNISA(少額投資非課税制度)が発足して話題になっており、一般的にも少しずつ普及してきたかな?という感じがします。投資というと、日本人のなかにはまだギャンブルの一種のようなイメージが強いかもしれませんね。いわゆるデイトレーダーと呼ばれる株運用のプロのように、たくさんのモニターを...
NISA,積立投資,投資信託,おすすめ,選び方
2016/02/21 10:53:21 | 積立投資とNISA
NISAは日本版ISAとも呼ばれ、正式には少額投資非課税制度といいます。年間100万円以内の投資であれば(2016年からは120万円)利益が出た分を非課税にすることで投資を若い人たちにも広げていこうという制度です。今までのNISA外での投資に関しては積立投資が少しずつ広まってきていると思いますが、N...
NISA,積立投資,投資信託,インデックスファンド,メリット
2016/02/21 00:37:21 | 積立投資とNISA
NISAは、今まで株や債券などへの投資を考えたこともないという人でも気軽に投資を始めることができるようにした制度です。少額投資非課税制度と呼ばれている制度で、最大のメリットは投資の利益に対する税率がゼロであることです。つまり、投資で利益が発生しても税金がかからないんですね。非課税枠は100万円で、こ...
NISA,積立投資,非課税,メリット,らくちん
2016/01/28 22:43:28 | 積立投資とNISA
株や投資信託などを利用した投資による利益には通常20%程度の税金がかかりますが、NISAと呼ばれる少額投資制度では年間120万円以内の運用の場合、投資による利益がいくらであろうと税金が0円になります。※2016年から非課税枠が年間120万円になりました。2015年までは年間100万円でした。利用する...
NISA,積立投資,配当金,税金,株式数比例配分方式
2016/01/22 01:19:22 | 積立投資とNISA
NISAは、今まで貯蓄にまわっていたお金を投資に使ってもらい若いサラリーマンにも投資を始めてもらいたいというコンセプトで作られた制度です。2014年から制度が開始されていますが、年間100万円までの投資ならそこから得られた利益についてはいくら儲かっても税金がかからないようになっている制度です。ちなみ...
NISA,積立投資,非課税,確定申告,税金
2016/01/19 23:33:19 | 積立投資とNISA
2014年から始まったNISA制度は、NISA口座内の利益であれば通常20%かかる税金が非課税になるという投資を行っている上では数少ない節税の制度です。NISA開始当初は非課税枠が100万円でしたが、2016年からは非課税枠が120万円へ増額されました。政府としてもより貯蓄を投資に回して欲しいという...
NISA,積立投資,インデックスファンド,ETF,デメリット
2016/01/17 13:26:17 | 積立投資とNISA
2014年から始まったNISAは、年間100万円までの投資を非課税にする制度で貯蓄から投資への合い言葉の元実施されている制度です。ちなみに2016年からは非課税枠が120万円に増やされています。NISAを利用した投資で得た利益については、いくら設けても税金がかからないという大きな利点があります。しか...