NISAは年に120万円分までの投資の利益が非課税になる制度です

NISA,少額投資非課税制度,いくら,500円,下限

少額非課税投資として人気のNISAは、年間に最大120万円まで投資した商品の利益が非課税になる制度です。

 

投資可能な金融商品としては通常の株式、インデックスファンドなどの投資信託、ETFのような複数の銘柄をミックスさせた商品なども非課税の対象なので、NISAを使わない積立投資と同じ投資方法で、非課税の恩恵を受けることが出来ます。

 

年間に最高で120万円までしか投資できませんが非課税期間は5年間あり、5年間は毎年120万円まで投資することができます。

 

つまり、5年後には600万円というかなりまとまった金額になるわけで、この元本から生み出される利益が非課税になることを考えると、投資家にとってかなり有利な制度と言えると思います。


NISAは積立投資と同じように月に500円から始められます

NISA,少額投資非課税制度,いくら,500円,下限

年間120万円というイメージが強いNISAですが、この金額はあくまでも取引できる上限の金額です。

 

反対に、取引できる下限は特に決まっていません。

 

しいて言えば、各証券会社で取引可能な最小の金額、と言うことになります。

 

 

証券会社ごとに取り扱う銘柄は異なりますが、インデックスファンドをNISAで利用すること考えると、SBI証券では最低500円からNISAを始めることが出来ます。

 

投資信託以外では、ETFや通常の株式もNISAで利用できますが、この場合は最小の売買単位がそのままNISAで扱える最小の金額と言うことになります。

 

ETFだと数千円から数万円程度、通常の株式では数万円から10万円程度でしょうか。

 

 

手持ちのお金はないけれどNISAを始めてみたい人は、毎月の積立を利用するという方法がオススメです。

 

上記の通り、インデックスファンドを使えば500円からNISAを始められる証券会社もあります。

 

年に最高120万円までという税制度ですが、月に500円からでもそれなりに恩恵を受けられる制度です。

 

ただし、取引をする金額が少なければ利益も当然少なくなってしまいますが、少しずつ資産が増える楽しみを知るとともに、利益に対して税金がかからないということが最大の魅力と言えるでしょう。

 

最初は少ないスタートでも、少しずつ増やし、出した利益も元本として増やしていくことができるので、非課税期間を終える5年後には、かなりまとまった資産を形成することも十分に可能です。

 

貯金の習慣がない人は、毎月のお給料日に自動積立という形で投資するのも良いでしょう。

 

NISAが投資を始める良いきっかけになるのではないでしょうか?


関連ページ

NISAとは何?NISAを使うことにどんな意味があるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを使うとどんないいことがあるのでしょうか?
NISA口座はどこで開設すべき?開設のポイントは?
NISAで積立投資を始める際にはNISA用の口座を開設しなければなりません。今はいろんな金融機関で口座を開設できますが、どこで開設するべきでしょうか?ポイントはどんなところでしょうか?
NISA口座は一度開設した後、あとから変更できるのか?
NISAで積立投資を始めるためには、ネット証券会社に口座を開設しなければなりません。一度開設したNISA口座は、後から変更できるんでしょうか?
NISAの非課税期間はいつまで?5年後までなの?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。しかし、恒久的な制度ではなく、非課税になる期間が決められています。いつまでが非課税期間になるのでしょうか?
NISAでアメリカ株を売買するときの注意点は?
NISAでは日本国内のインデックスファンドやETFに加えて、外国の株式やETFも対象に含めることが出来ます。アメリカ株を売買する時を例に注意点を考えてみます。
NISAがデイトレに向いていない理由は?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、デイトレには向いていません。その理由を考えてみます。
NISAで運用益が出なかったときのデメリットは?
NISAは投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度ですが、運用益が出なかった場合にはデメリットにもなり得ます。
これからNISA口座を開設する際に必要な条件はあるのか?
NISAは少額投資非課税制度という、投資で得た利益が非課税になるという投資家にとっては数少ない有利な税制度です。NISAを始めるにあたってはNISA口座を開設しなければなりませんが、必要な条件はあるのでしょうか?
NISA口座で大損が発生したらどうなるのか?心配ですね?
NISAは投資で得た利益が非課税になる制度ですが、投資は必ずしも儲かるというわけではありません。損をする事だってありますが、NISAで大損してしまった場合はどうなるのでしょうか?
NISA口座を開設する際の必要書類は?住民票も必要!
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、使用するにはNISA口座を開設しなければなりません。口座を開設する際に必要になる書類は何なのでしょうか?
NISA口座は複数の証券会社で開設できるのか?
NISAを始めるためには証券会社でNISA用の口座を開設しなければなりませんが、複数の証券会社で口座を開設することはできるのでしょうか?
NISA制度について分かりやすく1000文字で説明してみる
投資で得た利益に税金がかからないNISAですが、結構制度が複雑でわかりにくいです。なるべく分かりやすく、簡潔に説明してみます。目標1000文字!
NISA口座に有効期限ってあるの?有効期限が切れたらどうなる?
投資で得た利益が非課税になるNISAですが、その制度に有効期限はあるのでしょうか?その有効期限が過ぎたらどうなるのでしょうか?